ておくれたブログ

旧「ぼっちブログ@MHF」
プロのハンター達による本物の狩りをお伝えする

いつもお世話になっております。

最近、働かせて頂くという事の素晴らしさがわかるようになって来ました。


色々あって(世界を救ってた)くそげにインしなくなって早くも2ヶ月くらい、狩子を入れなくなったおかげか昼飯のグレードが上がったり貯金の概念が出来たりと生活水準が上がって来ています。
更に、今まで休日は家でくそげ三昧だったところを出勤する事で弊社にも貢献出来るようになり、社会人としての自覚も出て来ました。

本日はそんな私の休日出勤の様子をお送りします。8月末の話です。

朝4時に家を出て電車で出勤。JR舞浜駅に向かいます。


本日の職場の様子。

画面内にリア充が死ぬほど映り込んでいますが、こいつら全員敵です

こちらは社内オートマッチング男3人で出撃、字面だけみると悲しくなりますが勝算はあります。

「グリーティング」

読んで字の如く、東京ディズニーリゾートではマスコットであるmob達が徘徊しており(スポーン箇所はある程度固定)、一緒に写真を撮影したりする事が可能。
そして、mobにはミニーマウスを始めとした女の子が存在しています。

つまり、上手い具合に女の子mobと遭遇し2ショット写真を撮影する事でオンリー男というクソPTの我々でもリア充感溢れる写真をSNSにアップ、好感度上昇が見込まれます。最近流行っているsnowとかいうアプリを使っていい感じに顔を隠す方法も勉強したので準備は完璧です

尚、下調べが足りずに現地にいた時には完全にランダムpopだと思っていました。


さて、東京ディズニーシーに入場です。

この画像は入り口からホテルミラコスタの下を抜けてメディレーニアンハーバーに抜けた後に入り口側を向いて撮影した写真です。

ここでお得な情報なんですが、私がこの画像を撮影した位置は正面・写真には写っていない左右がホテルミラコスタとなっており、遮蔽物もないのでミラコスタ屋内から狙撃される可能性が高いです。早めに通り抜ける事をお勧めします。

なぜいきなりこんな事を言い始めたかというと、最近PUBGとかいう銃で他人を打つゲームにハマって撃たれやすい位置の勉強を始めたからです。ゲームの知識が現実で役立つ良い例です。

さて、狩子を入れなくなったとはいえ私の安月給では夢の国の入国審査を通過するためのお布施ですら財布に大打撃。
ここでお高いと話題の入場料について確認してみます。

大人1dayの場合、お値段は約2.4狩コ。
営業時間…じゃなくて夢を見させて頂ける時間が8-22時なので最大14時間です。

一方MHF-Zの狩人応援コースの場合1狩コで72時間(メンテ保証6時間有)遊ぶ事ができます。

1狩コは3000capなので時間で割ると…

東京ディズニーシー 1dayパスポート
…約514cap/1h

モンスターハンターフロンティアオンライン 狩人応援コース
…約39cap/1h

時間あたりのコストパフォーマンスではくそげに軍配が上がります。流石は大人気オンラインゲームと言ったところでしょうか。

死んだ魚のような目で紙を集めるくそげと1回数分のアトラクションの為に100分立った状態で並び続けるディズニーシー、苦行度合いは大して変わらない気がしますが。
長くなったので続きます。

小判を回収するためだけにインしてるておくれです。
昨日の続きなんですがタイトルが思いつかなかったので、入力を忘れた風にしてみました。
※実際のLivedoorBlogの編集画面ではデフォルトは空欄です。

21
※画像については後述します。

昨日に引き続き、勝手にリンクを追加させていただく最後の犠牲者を紹介します。

エントリーNo.3
絵がうまい!YOUさん!

22
MHF-Z ~YOUのまったり狩猟生活~

Twitterでよく絡んでいるこのお方、
まずブログがおしゃれ。これに尽きる。
そして情報の速度がすごい!ルーツとエルゼ珠の性能を調べる際にお世話になりました。

そして何より絵が上手い(2回目)

フルルコマンに着色する会(今命名)にて準優勝の私を抜いてダントツの1位だったりと実力は本物!最近は課金が切れているらしくメゼポルタにいないのが残念です。

さて、今回リンクに加えさせていただく御三方のリンクはPC表示の右側のカラムから飛べるようにしておきますので当ブログ読者の皆様も毎日更新を確認してプレッシャーをかけましょう。

さて、冒頭の話に戻ります。
プライバシーを保護してほしいという申告をいただいたため名前は伏せますがフレンドと遊んでました。
ト○ト○さんです。

イメージ018
はじめは見知らぬ人のシュレンドゥに参加してルーツを倒すとか気合入れてたんですが、ルーツの圧倒的力の前にPTが壊滅、
最終的に私一人が生き残り激闘の末ルーツに討伐されて帰ってきました。

そもそもなんでそんなことになったかというと、広場で放置して私がFGOのジャックザリッパーちゃんが可愛いので画像を漁っていた最中、寒気を感じてゲーム画面を確認したら私の股の下に○シ○シさんが潜り込んでいたのを発見したのが始まりです。ロリコンじゃないです。
そもそも彼が所属する猟団は風紀が厳しいと伺っていましたが彼の行動を見る限りデマだった模様。

股の間からシレンデュ!に誘われたので二つ返事で了承、ルーツ惨敗に繋がります。
帰還後、深夜特有のよくわからないテンションで撮影会を始めました。

23
私のグラビア撮影だったのですが、トシ○○さんは照明を担当してくれました。

24
光の魔法とはすばらしいもので、同じ写真でも光の当たり方によって見栄えが変わります。
そんな重要な光源の役割を引き受けて下さった○○トシさんには感謝。

25
オチが見当たらないので、今日はこの辺で失礼します。

↑このページのトップヘ